第4回、木村 巴 個展について 

Facebook にシェア
Pocket

風薫る5月9日から14日まで、創展の理事会員の木村巴さんの個展が町田市立国際版画美術館市民展示室に於いて華々しく開催されました。

創展会員の中でも特にきわだっ描写力と絵画に対する真摯な制作態度、その感性が高く評価されている作家でもあり。

文部大臣賞受賞作品の100号”帰宅”2点を始め、小品を含めた45点は本当に見ごたえがある作品群でした。圧巻は大賞を受賞した憤怒は4作の連作で芸術性豊かな作品群であると同時に社会性を持つ問題作として特に高名な評論家からも高く評価されていいます。高校在学中から本格的に目覚めた絵画に対する情熱は結婚、子育て、仕事、病魔と、ある時は苦境のどん底にあった時期もあった様ですが、持ち前の強靭な精神力で乗り切って今日の地位を築き上げ、見るものを感嘆させる高い絵画芸術性を備えた木村巴ワールドに知らず知らずのうちに誘われてしまいます。新緑の森に囲まれた版画美術館に、皆様、是非お足をお運びください。