HIME展鑑賞後記              2019・11・18

Facebook にシェア
Pocket

第53回創展修了後続けて、恒例のHIME展が11月18日(月)から24日(日)迄、京橋のギャラリーくぼたに於いて開催されました。

HIMEは創展の中核を占める7名の女流画家が毎年開催、今年は第7回展を迎えます。理事会員の鬼頭霧子、武沢礼子、西敬子、百瀬まつ子、会員の清水恭子、左時枝、平山尚子の先生方です。

毎年、欠かさず足を運んでいますが、年々作品の質が向上し秀作が目立ちました。7人がそれぞれのびのびと、創展の理念である自由闊達に自己世界の絵画表現を行い、限られた空間ではありますが、実に見事に結実した作品群を目の当たりにして、大いに感動し、又大いに勉強になりました。作品の一部を掲載しますのでご高覧下さい。               森    務